お見舞いの花

友人や知人が病気が怪我で入院した時、お見舞いにキレイな花を持っていきたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

昔から、お見舞いに「花」というのは定番でもあります。それに、相手が女性の場合では、やはり花が喜ばれますし人気でしょうね。

しかし、花だったら何でもいいわけじゃありません。

花の種類によってはマナー違反とされるタブーの花もあるんです。

スポンサードリンク

こんな花はダメ!入院のお見舞いにはタブーとされています

最近では、生花の持ち込みを禁止している病院が増えているようです。

したがって、まず最初に生花の持ち込みができるかどうかの確認が必ず必要です。

そして、持ち込みができる場合でも以下のような花はタブーとされています。

鉢植えの花

鉢植えの花

鉢植えの花がタブーとされることは、比較的知られていると思います。

ようするに、鉢植えの花には根がはっているので、「根付く」が「寝付く」につながります。よって、入院が長引くように暗示させてしまい縁起が悪いとされています。

造花

造花

生花の持ち込みが禁止されている病院の場合は、造花にすればいいのでは。と思われるかもしれません。

しかし、生花だと枯れる頃には退院できると考えますが、造花はいつまでも枯れないので、このまま永遠に退院できないかもしれない。と考える人もいるようです。

菊

菊(日本の菊)は葬式とかお墓参りを連想させますね。

なので、もし、こんな花をお見舞いに持っていったら、「喧嘩売ってるんか~」となってしまいます。

嫌がらせじゃない限りやめましょう。

シクラメン

シクラメン

とてもキレイで可愛い花ですが、この花もダメです。

なぜなら、シクラメンの「シク」が「死」と「苦」につながるからです。

入院している人に死や苦を連想させてはいけません。

ユリ

ユリ

これもまたキレイな花ですが、お見舞いにはタブーとされています。

スポンサードリンク

なぜなら、香りが強く花粉が周囲に飛びやすいからです。香りが強い花は、お見舞い用には不向きです。

フリージア

フリージア

この花も同じく香りが強いです。

ストック

ストック

同じく香りが強いです。

アジサイ

アジサイ

当初はキレイな花ですが、色があせていき散りやすいので気分が落ち込むイメージを抱かせます。

椿

椿

椿(ツバキ)は花びらが散るのではなく、花が首ごとポトッと落ちていくので縁起が悪いです。

チューリップ

チューリップ

人によっては花びらの散り方を見て不安に思うことがあるようです。

赤いバラ

赤いバラ

バラに限りませんが、真っ赤な花は血を連想させて不向きとされています。特に、出血を伴う怪我をした人は不快に感じるかもしれません。

差し色程度ならいいでしょうが、赤ばかりは避けた方がいいでしょう。

なお、同じ色ばかりという意味では、白・青・紫などの色も弔事を連想させますのでタブーです。

お見舞いには黄色やオレンジ・ピンクなどの明るく元気なイメージの色が向いています。

では、お見舞いにはどんな花がいいのでしょうか?

付き添いの人や秘書の方などがいらっしゃって花瓶を用意できる場合は花束もいいですが、そうで無い場合は手軽で手間のかからないフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーがオススメです。

ただし、プリザーブドフラワーに関しては、生花ではありますが、特殊な加工で枯れにくく長持ちするようにしています。

若い人はそうでもないでしょうが、年配の方は造花と同じく「病気を長引かせる」と受け取られる可能性もあります。

どちらにしても、個室ではなく大部屋の場合は置けるスペースも狭いでしょうから、大きいものは避けた方がいいでしょう。

最後に

入院している人はナーバスになっています。身も心も正常時とは違います。ですので、ほんの些細な事で気分を悪くさせてしまうかもしれません。

とは言っても、相手を思いやる気持ちがあればそれほど難しく考えることもないと思います。

ぜひ、あなたのお見舞いで元気づけてあげましょう。

スポンサードリンク