喪中はがき

喪中の時は、年賀状のやり取りなど新年の挨拶は控えます。その他にも、結婚式など祝い事全般は控えるのが一般的な習わしです。

では、お中元に関しては喪中の期間中に贈ったり頂いたりしていいのでしょうか?

お中元はお祝いでは無く感謝の気持ちを表すものなので問題ないようにも思えます。しかし、お中元には祝い事に使われる紅白の水引きを使いますのでダメなようにも思えます。

実際のところは、どうなのでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも、喪中とは何?そして、忌中とは?

喪中(もちゅう)とは、近親者が亡くなった時に、残された家族が喪に服している一定の期間のことをいいます。

その期間は亡くなった方との関係により様々ですが、一般的には1年間を意味する場合が多いようです。

そして忌中(きちゅう)とは、近親者が亡くなった時に、遺族が弔いに専念し慎んでいる期間のことをいいます。

一般的に、仏教では四十九日。神道では五十日祭までの期間です。

では、喪中や忌中の期間中にお中元を贈ったり頂いたりしていいのでしょうか?

結論から言いますと、お相手が喪中であってもお中元を贈っても問題ありません。そして、受け取る側も頂いて構いません。

何故なら、お中元は祝い事ではなく、日頃お世話になっている人に対して感謝の気持ちを込めて贈るギフトだからです。

スポンサードリンク

だだし、忌中(亡くなってから49日もしくは50日)の期間は、お相手は悲しみの真っただ中でしょう。そして、様々な法要もこなさなければならないので、とても立て込んでいます。

ですので、この忌中の期間には贈らないのが一般的なマナーです。

もし、それでお中元を贈る時期を過ぎるのであれば、暑中お見舞い(暑中御伺い)や残暑御見舞い(残暑御伺い)として贈ります。

なお、原則、喪中の時にお中元を贈っても差し支えはないのですが、お相手があまりにも気落ちしていたり、地域によっては喪中期間のお中元のやり取りはしない。という習わしがあるかもしれません。

そのあたりは、臨機応変に対応してください。

そして、自分自身に不幸があって喪中の場合ですが、これも同じく、お中元を贈っても問題ありません。

ただし、忌中の間は贈らない方がいいでしょう。

何故なら、忌中は、穢れを外に出さないように外部との接触を絶ち、故人の冥福を深く祈る時だからです。

忌中の期間を過ぎてから贈るようにしましょう。

熨斗(のし)や水引はどうすればいいの?

贈るお相手が喪中の場合や、自分自身が喪中であってもお中元を贈ること自体は問題ありません。

しかし、包み方には注意が必要です。

通常のお中元では慶事を意味する紅白蝶結びの水引きと熨斗(のし)をつけて贈りますが、喪中の場合は、白色無地の奉書紙で包み水引きと熨斗はどちらも使いません。

そして当然、弔事用の黒白や黄白の水引きを使っては絶対にダメなので、決して間違わないようにしてください。

最後に

喪中であってもお中元自体は問題ありませんが、あくまでこれは原則的な話です。

お相手によっては、喪中時期の贈答に対して色々な考えもあるでしょう。

ですので、個々のケースバイケースでお相手を気遣った上で配慮して贈るようにしてくださいね。

スポンサードリンク