ごま

ごまは、あまり意識して食べる食材じゃないですが、とても身近ですよね。

コンビニ弁当のご飯には黒ごまがふりかけてありますし、あんぱんにごまはお約束みたいなものです。

ちなみに、つぶあんには黒ごまで、白あんには白ごま。そして、こしあんはケシの実を使うことが多いようです。

まぁ、そんなことはともかく、ごまは小さいですし、栄養なんてあるのかな。と思われるかもしれません。けど、ごまはとても栄養豊富な食材なんですね。

よく、ごまを原料としたサプリメントのコマーシャルを見かけたことはありませんか?

ごまはこのようにサプリメントになるぐらい栄養価が高いんです。

スポンサードリンク

抗酸化物質ゴマリグナンには若返りや美容の健康効果があります

老化の原因は色々とありますが、最大の原因として「活性酸素」があります。

この活性酸素により体の細胞が酸化してくるんですね。ようするに、体がさびるんです。

体がさびるということは、細胞膜がボロボロになるということですから、美容に悪いのは当然として、老化が進みます。

実際の年齢以上に老けて見える人は、この活性酸の影響を受けていることが考えられます。

そんな活性酸素の働きを抑えてくれるのが抗酸化作用がある抗酸化物質なんですね。

ごまには、ゴマリグナンという抗酸化物質が含まれています。

そのゴマリグナンには、

  • セサミン
  • セサミノール
  • セサモール
  • セサモリン
  • ピノレジノール

といった種類の物質がありますが、その中でも「セサミン」はサプリメントでよく発売されているのでご存知の方も多いかと思います。

このようなゴマリグナンの抗酸化作用によって、若返りや肌や髪への美容効果が期待できます。

その他には、ゴマリグナンには悪玉コレステロールを減らす働きがあります。これにより動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げることにつながります。

スポンサードリンク

また、肝臓の働きを強化し整えてくれる働きもあるので、アルコールの分解を助けます。

よって、お酒を飲む時には、ごまを使った料理を食べると悪酔いや二日酔いの防止に効果が見込めます。

ごまは貧血や便秘に健康効果があるので女性には欠かせません

貧血気味で鉄分を積極的に摂ろうとされている方は、特に女性に多いでしょう。

鉄分が多い食材は魚介類やレバーなど色々とありますが、ごまも鉄分が多い食材です。

ただ、ごまはそれ単体で大量に食べられる食材ではないので、ごまだけで鉄分不足解消とまではなりません。

あくまで、鉄分を含む色々な食材の一つとして食べて下さい。

どちらにしても、貧血気味の方は食生活が偏っている傾向にあると思います。ごまもそうですが、色々な食材をバランスよく食べましょう。

そして、女性には便秘の方が多いですし、閉経した年配の女性は骨粗しょう症のリスクが高まります。

ごまには不溶性の食物繊維が多く含まれていて便秘解消に効果が見込めますし、骨粗しょう症を予防するカルシウムやそれを助けるマグネシウムも豊富に含まれています。

さらに、ごまにはホルモンバランスを改善してくれる働きもあります。

というように、ごまは女性には欠かせない食材と言っていいでしょう。

ごまは煎って擂ることで健康効果がさらにアップ

ごまは加熱することで、ゴマリグナンの一つの成分であるセサモリンがセサモールに変化します。ですので煎った(いった)ごまは健康効果が高くなります。

そして、ごまはあまり消化がよくありません。ですので、ごまは擂った(すった)方が消化にもいいですし、種子が破れて栄養成分を吸収しやすくなります。

ちなみに、ごまを原料としたごま製品なら、すり潰されていますので簡単に栄養分を摂ることができます。

ごま豆腐や練りごま、ごまだれ、黒ごまきなこなど、色々とありますよ。

最後に

ごまは小さくて目立たない食材ですが、健康効果がとても高いです。

ぜひ、あなたの食卓にごまを常備しましょう。そして、その時にはごまをすり潰せるタイプの容器の方がいいですね。

スポンサードリンク