お風呂の掃除

じめじめした梅雨の季節。本当にうっとうしいですね。

そして、梅雨の季節は気温も湿度も高くなるので、何もしないで放っておくとお部屋の中にカビが発生してビックリ。ということにもなりかねません。

カビはアレルギーや病気の原因にもなります。ですので、きちんとカビ対策を行って、カビを発生させないようにしましょう。

スポンサードリンク

カビが発生する原因や発生しやすい場所

カビは高温多湿を好みます。気温が20度を超え始め、湿度が60パーセントぐらいになると発生しやすくなります。

まさに梅雨の時期はカビが繁殖しやすい条件が揃うんですね。

カビの菌は空気中を漂っているので、それが室内のホコリやゴミのある場所に付着しそのホコリやゴミを栄養として発生し繁殖していくんです。

ですので、ゴミやホコリが溜まりやすいソファの下や家具の隙間などに発生しやすいです。

また、水分がある場所にも発生しやすいので、結露が付く窓枠やエアコンまわりもよくカビが発生します。

そして、カビは繁殖し増殖するスピードが速いので、放っておくとあっという間カビだらけになってしまいます。

こうなる前に対策!カビが原因のアレルギーや病気

カビは糸状の細胞である菌糸で形成されていて、その表面には多数の胞子があり、それが空気中に浮遊します。

その浮遊したカビの胞子を人が吸い込むことにより、様々なアレルギーや病気を引き起こします。

なお、カビの胞子はとても小さく目には見えません。ですので吸い込んだ意識がなくても知らない間に体内に入っていくんですね。

抵抗力が弱い赤ちゃんや高齢者、そして、病気や疲れなどで抵抗力が落ちている人は、カビの胞子によってアレルギーや病気が引き起こされることがあります。

アレルギー性鼻炎・皮膚炎・結膜炎

カビが原因でアレルギー性鼻炎や皮膚炎・結膜炎などが発症します。また、アレルギーによる喘息もあり、呼吸困難になるなど重症化しやすいので注意が必要です。

夏型過敏性肺炎

肺炎はウイルスや細菌が肺に感染することにより発症することが多いですが、カビによっても発症します。

トリコスポロンというカビを吸い込むことにより発症し、夏型という名のとおり6月頃から9月頃にかけて多くみられます。

夏になると毎年のように咳がひどくなったり風邪を引いたりする人は、この病気が原因の場合もあります。

スポンサードリンク

肺アスペルギルス症

アスペルギルスというカビにより発症します。免疫力が低下している時に感染しやすいので注意が必要です。

水虫

梅雨の頃には水虫薬のテレビコマーシャルをよく見かけますね。

水虫は皮膚糸状菌(白癬菌)というカビが足に感染して発症します。なお、同じ菌が股間に感染すると「いんきんたむし」と呼ばれ、頭皮に感染すると「しらくも」になります。

梅雨の季節のカビ対策

梅雨の季節のカビの予防対策は、

  1. 部屋の中の風通しを良くし換気をこまめに行う
  2. 部屋の湿度を下げ湿気をためこまないようにする
  3. 掃除をこまめに行いゴミやホコリが溜まらないようにする

この3つが大切です。

お風呂

お風呂は水気があり、お湯により浴室が他の部屋より暖かくなるので、カビが非常に発生しやすいです。

まずは、カビの栄養となる垢や皮脂・石鹸カス・髪の毛などを徹底的に取り除ききれいにしましょう。

ピンクのぬめりの時点までに必ず掃除を徹底することが大切です。

そして、温かいシャワーで洗い流した後は、冷水のシャワーをかけて冷やしましょう。

できれば、水滴を拭き取るようにして下さい。

なお、換気扇はできるだけ長時間回しっぱなしにしておきましょう。防犯上問題なければ窓も開けっぱなしの方がいいですね。

台所

お風呂と並びカビが発生しやすい場所です。料理を作るので高温多湿になりますし、カビの栄養分がとても豊富です。

シンクの三角コーナーは、すぐに黒ずんでぬめるので掃除はマメにしましょう。三角コーナーを置かないでゴミはその都度処分するのもいいかもしれません。

エアコン

エアコンは結露で水分がたまるのでカビが発生しやすいです。そして、運転中にはそのカビを部屋中にまき散らしている状態になってしまいます。

定期的にエアコンの表面やフィルターを掃除するのはもちろん、時には内部の清掃も行うようにして下さい。

面倒な場合は専門のエアコンクリーニング業者に頼むことを検討してもいいでしょう。

なお、エアコンの使用前や使用後に10分~20分程度送風運転するのも効果的です。

押入れ

下段は湿気がこもりやすいので、置きっぱなしの物は上段にしまい、下段にはよく使うものを入れるようにすると、出し入れで換気を促すことになります。

また、布団などをしまう場合は、屋外に干したり布団乾燥機を利用して完全に湿気を取り除いてからしまうようにしましょう。

そして、天気のいい日は、部屋の窓と一緒に押入れも開けて換気してください。

最後に

カビは目には見えませんが、私たちの体に対して悪影響を与えます。

カビの予防対策は、常に部屋の中の風通しを良くし、湿気をためこまないように心がけ、掃除をこまめに行うことが大切です。

スポンサードリンク