お腹の脂肪

メタボって言葉が、ユーキャンの新語・流行語大賞のトップ10に選ばれたのが2006年のことになります。なので、もう10年も前になるんですね。

ちなみに、この年の年間大賞はフィギュアスケート金メダリストである荒川静香さんの「イナバウアー」でした。

このことからも、ほんと一昔前という感じがします。

とはいっても、その年限りの言葉で終わることが多い新語・流行語ですが、「メタボ」って言葉は、日本において完全に定着したようです。

そして、現在では「デブ」イコール「メタボ」ってとらえられている風潮があるようにも感じます。

ある意味、太っている人に対し「デブ」とは言いにくいですが、「メタボ」だと少し表現が軟らかくなって言いやすいといった側面もあるでしょう。

という訳で、日常生活でよく耳にするメタボですが、あなたは、メタボの定義をはっきりと説明できますか?

スポンサードリンク

メタボってそもそも何?太っている人のことをメタボって言うの?

太っている人はメタボの人が多いでしょうが、太っているからメタボってわけでもありません。

メタボは「メタボリックシンドローム」の略で日本語では「代謝症候群」や「内臓脂肪症候群」とも言われます。

内臓脂肪症候群とも言われることでも分かるように、メタボとは、

・内臓脂肪型肥満

が必須条件で、それにプラスして、

・高血糖

・高血圧

・脂質異常

の3つの内2つ以上当てはまると、晴れてメタボと診断されることになります。

ですので、仮にデブであって内臓脂肪型肥満であっても、高血糖・高血圧・脂質異常のいずれにも該当しなければメタボではありません。

ようするに、不健康なデブがメタボであり、健康なデブはメタボじゃないんです。

診断には数値の基準があります。

内臓脂肪型肥満 おへそ回りの腹囲が、男性85センチ以上、女性90センチ以上
高血糖 空腹時血糖値が、110mg/dl以上
高血圧 最高血圧が130mmHg以上

最低血圧が85mmHg以上

※いずれか一つでも

脂質異常 中性脂肪が150mg/dl以上

HDLコレステロールが40mg/dl未満

※いずれか一つでも

なぜメタボはダメなの?何が危険なの?

日本人の三大死因は、

・悪性新生物(がん)

・心疾患(心臓病)

・脳血管疾患

スポンサードリンク

と言われますが、この内、心疾患と脳血管疾患は動脈硬化が大きな原因とされていて、複数の不健康項目が重複するメタボになると動脈硬化になりやすいと言われています。

ようするに、これらの不健康項目が単独ならまだリスクは低いのですが、重複すればリスクが一気に高まることになります。

ではメタボを予防するにはどうすればいいのでしょうか?

不健康なデブであるメタボは、放っておくと将来的に心疾患や脳血管疾患になるリスクが高まります。

では、そのメタボを予防するにはどうすればいいのでしょうか?

メタボを予防するには生活習慣を変えることが重要です。

運動の習慣をつける

内臓脂肪を減らすには運動の習慣をつけることがまず大事です。

運動には、

・腕立て伏せやスクワットのような筋力トレーニング

・ジョギングやウォーキングのような有酸素運動

の大きく2つに分かれます。

筋力トレーニングは筋肉をつけることにより基礎代謝量を増やしますので、太りにくい体質に体が変化していきます。

有酸素運動はまさに脂肪を燃焼させる運動です。週3回程度でも十分効果が見込めますので、メタボな人はぜひ今日から始めましょう。

なお、太っている人はひざに負担をかけやすいので、最初はジョギングよりもウォーキングのほうがオススメです。

通勤タイムも絶好の運動する時間です。エスカレーターやエレベーターをできるだけ使わずに階段を使うようにしましょう。

いつも降りる駅の一つ手前で降りたりして少しでも多く歩くのもいいですね。

これらの少しずつの積み重ねがメタボから脱出するために大切です。

食生活を改善する

好きなものを好きなだけ食べる食生活は改善して下さい。

食べ過ぎず、タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素を考えたバランスの良い食事を摂りましょう。

野菜を多く摂り塩分を控えめにするのも大事です。

禁煙する

禁煙すると体重が増えるから禁煙しない。というのは全くの屁理屈です。

一時的にそういうこともあるかもしれませんが、あくまで一時的です。

禁煙することにより、日本人の三大死因である、がん・心疾患・脳血管疾患の全てのリスクは軽減します。

禁煙は健康保険も適用されるので、禁煙外来などを利用しぜひ今すぐにでも禁煙にチャレンジして下さいね。

最後に

あなたのお腹はぽっこり出ていませんか?そのぽっこりしたお腹には、あなたの今までの生活習慣の全てが詰まっています。

そこまでの大きさになるために、美味しいものをいっぱい食べてお金も使ってきたでしょう。

長年にわたって育ててきた愛おしい存在のぽっこりお腹ですが、あなたが健康であり続けたいのであれば、一刻も早くおさらばしなければなりませんよ。

ぜひ、運動を習慣づけて、食生活を改善し、煙草を吸っているのなら禁煙してメタボから脱出して下さいね。

スポンサードリンク