大阪の神社の絵馬

妊娠して5ヵ月から7ヵ月ほどすると一般的に安定期と言われます。そして、その頃になると神社やお寺に安産祈願のお参りに行きたいですね。

昔から、安産祈願は妊娠から5ヵ月目の戌(いぬ)の日にすると良い。と言われます。

戌の日が良いのは、「犬」は一般的に安産でたくさんの子供を産むことが多く、それにあやかってのようです。

ただ、お参りする日に関しては、妊婦さんの体調が何よりも大事ですから、6ヵ月目でも7ヵ月目でも戌の日以外でも体調のいい日にお参りすればいいと思いますよ。

神様や仏様は、5ヵ月目の戌の日じゃないとダメなんて小さなことは言わないでしょう。

安産祈願はお母さんとお腹の中の赤ちゃんが初めて一緒に行う行事です。ぜひ、ご主人やご家族と一緒に赤ちゃんが無事に産まれてくるよう心から願って下さいね。

スポンサードリンク

安産祈願の神様と言われる神功皇后と応神天皇って誰?

インターネットなどで安産祈願のことを調べると、よく神功皇后(じんぐうこうごう)や応神天皇(おうじんてんのう)という名前を見かけると思います。

そこで、簡単にこのお二人のことについて説明します。

安産の女神として篤く信仰される神功皇后は、第14代天皇である仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の奥さん(皇后)です。そして、子供を妊娠しました。

しかし、その妊娠中に夫である仲哀天皇が亡くなられたんですね。

すると、神功皇后は子供を身ごもっているにも関わらず、夫の後を継ぎ自らが先頭に立って朝鮮半島の新羅(しらぎ)の国に出陣するんです。

そして、無事出産するようにとお腹に石と帯を巻いて戦いに挑み、見事に勝利を収めました。

その後、神功皇后は新羅から凱旋し九州の筑紫で無事お子さんを安産で産みました。その子供が第15代天皇の応神天皇になります。

そして、その新羅出陣の時にお腹に巻いた帯が、安産祈願・帯祝いに使われる「岩田帯」の起源だとされています。

なお、江戸時代までは神功皇后も歴代天皇として数えられていたので、まさに天皇級の女傑だったと言えるでしょうね。

大阪府の妊婦さんにオススメ!安産祈願で有名な神社やお寺です

住吉大社(すみよしたいしゃ)

住吉大社
住吉大社は大阪の人に最も人気のある神社だと言っていいでしょう。当然、初詣の参拝者数も大阪で一番ですし全国でもトップクラスです。

そんな住吉大社は安産祈願でも有名で大人気なんですね。

その理由は、そう。先に書きました神功皇后です。

住吉三神という、

  • 底筒男命(そこつつのおのみこと)
  • 中筒男命(なかつつのおのみこと)
  • 表筒男命(うはつつのおのみこと)

の三柱の神様がいらしゃいます。

そして、この住吉三神こそが神功皇后の新羅での戦いを守護した神様なんです。

そのこともあり、神功皇后は守護して頂いた住吉三神の荒魂(あらみたま)を長門(山口県)に、和魂(にぎみたま)を摂津(大阪府)に祀りました。

その長門に祀ったのが住吉神社で、摂津に祀ったのが住吉大社なんです。

住吉大社には、第一本宮・第二本宮・第三本宮にそれぞれ住吉三神が祀られています。

その後、神功皇后ご自身も第四本宮に祀られることとなりました。

このように、住吉大社は神功皇后を始まりとした神社であり、神功皇后ご自身も祀られています。ですので、住吉大社は安産祈願のご利益がいっぱいある神社であることが分かっていただけるでしょう。

住吉大社の安産祈願

住吉大社では安産祈願として神職によるお祓いと祝詞の奏上、そして、おさがりが頂けます。

スポンサードリンク
おさがり一覧
  • 安産守
  • 腹帯
    (岩田帯タイプ、もしくはコルセットタイプ)
  • 子まもり
    (出産までは我が子を思うように触れてやり、出産時には命を思い握りしめます)
  • 誕生石のお守り(腹帯に挟むお守り)
安産祈願のご案内
  • 祈祷料:7,000円
  • 受付場所:本殿向かって左側の授与所
  • 受付時間:午前9時から午後4時まで(予約不可)
  • お問い合わせ:06-6672-0753

詳細はコチラ
安産祈願 | 住吉大社

住吉大社の詳細情報

所在地 〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89
TEL 06-6672-0753
FAX 06-6672-0110
参拝時間 ☆4月~9月

開門:午前6時

閉門:外周門・午後4時、御垣内・午後5時

☆10月~3月

開門:午前6時30分(毎月一日と初辰日は午前6時)

閉門:外周門・午後4時、御垣内・午後5時

☆祈祷受付

午前9時から午後4時まで

アクセス 南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分

南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分

阪堺線「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ

駐車場 有り(約200台)

1時間200円(夜間は閉鎖)

H.P 住吉大社

坐摩神社(いかすりじんじゃ)

住吉大社は摂津国(大阪府北中部・兵庫県南東部)の一宮です。

一宮はその国の中で一番社格が高い神社ですが、実は摂津国にはもう一つ一宮とされる神社があります。

その神社は、

坐摩神社(いかすりじんじゃ)

です。

坐摩と書いて「いかすり」と読むのが正式ですが、「ざまじんじゃ」や「ざまさん」とも呼ばれます。

住吉大社に比べると一般的な知名度は低いですが、大阪市の中心部の船場にあることもあり、大阪市内で働いている人には馴染みのある神社です。大阪府の神社庁もこの神社内にあります。

御祭神は坐摩大神(いかすりのおおかみ)で、初代天皇である神武天皇が即位された時に宮中に奉斎されたのが起源とされます。

坐摩大神は宮域を守る神、ようするに皇居を守る神様であることから、住居守護の神様として広く信仰されています。

そして、坐摩大神は安産守護の神様としても有名なんですね。

公式ホームページによると、

安産の神としては、神功皇后が応神天皇の御安産を当社に御祈願になり、近くは明治天皇がお生まれになるとき特に宮中より御祈願があり、当社の秋季大祭当日[旧暦]に皇子が御降誕されました。
引用
坐摩神社公式サイト〔大阪市・本町〕|神社のご由緒

とのことで、ようするに、安産の神様とされている神功皇后が安産を祈願した神社ということになります。

安産の神様が安産を祈願したって、どんだけスゴイ神社やねん。って思いますよね。

坐摩神社の安産祈願

坐摩神社での安産祈願は予約が必要です。電話にて日時をお問い合わせ下さい。

TEL:06-6251-4792

安産祈願授与品として鈴守と岩田帯が頂けます。

何でも、神社の縁起によると、神功皇后が応神天皇をご懐妊した時に使われた岩田帯が坐摩神社に伝わっていて、それ以来、氏子や崇敬者にお授けしているんだそうです。

とてもご利益がありそうな岩田帯ですね。ちなみに、その岩田帯は黄色です。

詳細はコチラ
坐摩神社公式サイト〔大阪市・本町〕|安産祈願・戌の日

坐摩神社の詳細情報

所在地 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号
TEL 06-6251-4792
FAX 06-6251-4425
参拝時間 平日:7:30~17:30

土日祝:7:30~17:00

アクセス 市営地下鉄本町駅15番出口より西へ1つ目の角を左に折れ徒歩3分

市営地下鉄本町駅21番出口より東へ2つ目の角を右に折れ徒歩3分

駐車場 有り(5台分)
H.P 坐摩神社公式サイト
スポンサードリンク