茅の輪

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)とは、夏越の祓・名越の祓・六月祓(みなづきのはらえ)とも呼ばれる1年の前半を締めくくる神事です。

夏至が過ぎた6月の晦日(30日)に、これまで半年間に蓄積された心身の穢れや、知らない間に犯してしまった罪などを祓い清め、残り半年の無事を祈ります。