鰹

江戸時代の俳人、山口素堂の、

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

という、有名な句がありますね。

これは春から初夏にかけて、江戸の人々が好むものを読んだ句なんですが、とにかく江戸っ子は初鰹が大好きで、人よりも早く初鰹を食べることにこだわっていました。

スポンサードリンク

初物を食べるのは粋で縁起もよく福も呼び込みます

江戸の人々が大好きな初鰹ですが、旬の走りなので値段が高く手に入れるのが大変でした。

なので、「女房を質に入れても初鰹」ということも言われたんですね。

もう少し待って盛りの時期になれば値段も安くなるのですが、その時期まで我慢するのは野暮であり、無理をしてでも初物に手を出すのが江戸っ子として粋だったのでしょう。

そして、初鰹に限らず、そのシーズンに初めて獲れる「初物」は、季節を先取りするわけですから縁起もよく福も呼び込みます。

今の時代でも、おしゃれな人は季節を先どってファッションを楽しみますしね。

初鰹などの初物を食べれば寿命が75日延びると言われています

そのシーズンに初めて収穫された農作物や、最初に水揚げされた魚介類などの初物は、そのシーズンに初めて獲れた食材ということで、瑞々しく生命力にあふれていると考えられます。

ですので、そんな初物を食べると、その生命力を体に取り入れることになるので、初物を食べれば寿命が75日延びると言われてきました。

では何故延びる寿命は75日なのでしょうか?

スポンサードリンク

これには諸説あって、例えば、中国には木行・火行・土行・金行・水行といった五行思想があります。

春を「木行」

夏を「火行」

秋を「金行」

冬を「水行」

で表し、

季節の変わり目を、「土行」で表します。

ようするに四季ではなく五季ということになり、おのおのの期間は2ヵ月半の73日から75日になります。

また、農作物は種をまき収穫するまでに平均すると75日ぐらいかかるそうです。

他の説では、ある時、死刑を言い渡された罪人が、死ぬ前に何か食べたいものは。と聞かれて、わざと季節外れの食べ物を言ったそうです。

旬ではないので直ぐに手に入りません。そして、初物が手に入るまでに要した期間が75日だったそうです。

その罪人は、わざと旬を外した季節外れの食べ物を指定したことにより、寿命が75日延びた。ということになります。

というわけで、「人の噂も75日」とも言いますし、一区切りする単位として「75日」という期間が使われるようになったようです。

ちなみに、初物の中でも初鰹の場合は、75日の10倍の750日寿命が延びるとも言われたそうです。

最後に

この時代は、食材を保存する冷蔵庫や冷凍技術などはありませんので、どんな食材でも旬にならなければ食べることはできません。

なので、初物に対するありがたみは今の時代とは全く違ったのでしょう。

農作物にしろ魚介類にしろ、食材はまず初物が出回り始める「走り」の時期があり、「盛り」の時期を迎えます。盛りの時期には値段も安くなり、味も美味しくなります。そして、旬の終わりの「名残り」の時期になり、その食材のシーズンは終わります。

今の時代、食べ物があふれていて、このようなことをあまり意識しませんが、寿命を延ばすためにも「初物」を含めて旬を大切にしたいですね。

スポンサードリンク