ブロッコリー

ブロッコリーは緑色が鮮やかで、いかにも栄養がいっぱいありそうな野菜ですね。

実際、ブロッコリーは緑黄色野菜の王様と言っていいぐらい、ビタミンやミネラル・食物繊維が豊富です。

よく、青汁の宣伝で「ケール」という野菜が紹介されますが、ブロッコリーはそのケールを改良した野菜です。なので栄養が豊富なのも当然でしょう。

スポンサードリンク

ブロッコリーのビタミンUは胃を保護してくれる栄養素です

「ビタミンU」という栄養素があります。そして、この栄養素はキャベツの搾り汁から発見されたので「キャベジン」という別名でも呼ばれます。

キャベジンと言えば、そんな名前の胃薬をご存知でしょうか?

かなり昔からある胃薬ですし、コマーシャルでもよく流れているので、名前ぐらいは聞いたことがある人が多いと思います。

ビタミンUは胃の粘膜を保護し守ってくれる栄養素です。そして、キャベツはキャベジンの名前の由来になったぐらいなのでビタミンUが豊富なんです。まさに、食べる胃薬といってもいいぐらいでしょう。

私自身、過去に胃炎や胃潰瘍による胃痛に長年悩まされていました。今はピロリ菌を除菌したので胃痛はないですが、長年のピロリ菌感染により胃が委縮した状態です。

なので、少しでも胃の状態をよくするため、キャベツをしっかりと摂るようにしています。

しかし、実はそのキャベツよりもビタミンUが豊富な野菜があるんです。

そう。ブロッコリーです。

食品100グラムあたりの含有量では、キャベツが350μgに対しブロッコリーは590μgあります。

そして、キャベツが淡色野菜なのに対しブロッコリーは緑黄色野菜ですので、ベータカロテンなど他の栄養素も豊富です。ビタミンCなんてレモンより多いぐらいですよ。

なお、なぜ私がブロッコリーではなくビタミンUが少ないキャベツを食べているかというと、ミキサーでジュースにしているからなんですね。

ニンジンとリンゴと一緒にキャベツを入れて野菜ジュースにしているんですが、このキャベツをブロッコリーにすると、あまり美味しくありません。

ただそれだけの理由です。

ですので、ジュースではないサラダなどではブロッコリーも積極的に食べていますよ。

ちなみに、胃の不調が長く続くようであれば、ブロッコリーで何とかするのではなくピロリ菌検査をオススメします。

ホリエモンが警告!胃がんになりたくなければピロリ菌検査を受けよう

子供を産む女性は葉酸不足に要注意!不足すると大変なことに

現在、日本の若い女性の葉酸不足が指摘されています。

スポンサードリンク

葉酸はビタミンB群の一つである水溶性ビタミンなんですが、このビタミンが不足すると細胞の合成や赤血球の増殖に支障をきたします。

その場合、産まれてきた赤ちゃんに神経管閉鎖障害という脳や脊髄への障害が起こるリスクが高くなり、場合によっては無脳症という大変なことになりかねません。

ですので、子供を産む女性は葉酸を必要十分に摂取する必要があります。

通常より多くの葉酸が必要な期間は、少なくとも妊娠1ヵ月前から妊娠3ヵ月の間とされ、その期間は通常の2倍は必要と言われています。

というわけで、子供を産む女性は妊娠の前後は勿論、日頃から葉酸をきっちりと摂ることを心掛けなければなりません。

そして、その葉酸はブロッコリーに豊富に含まれているんです。また、葉酸を効率よく吸収するにはビタミンCが必要なんですが、ブロッコリーにはビタミンCも豊富です。なので、葉酸不足の人には重宝する野菜でしょう。風邪予防にもなりますしね。

また、男性の方であっても葉酸が不足すると動脈硬化につながる危険性があります。

ブロッコリースプラウトでガン予防!スルフォラファンの効果が凄い

ブロッコリースプラウト

近年、注目されている野菜としてブロッコリースプラウトがあります。「スプラウト」は「新芽」を意味しますので、ようするにブロッコリーが発芽して数日の状態の野菜です。

新芽なので、ごつごつしたかたまりのブロッコリーと違い、カイワレのようにパックにして発売されています。

見た目はひょろっとして栄養なんかあまりなさそうに思いますが、実は「スルフォラファン」というガン予防に期待される有効成分が、豊富に含まれているんです。

スルフォラファンは、最近注目の栄養素であるフィトケミカルの一種で、体内の有害物質を無毒化する解毒作用や抗酸化作用が認められています。

発ガン性物質の解毒にも期待されることから、ガン予防の観点で現在非常に注目されている野菜です。

なお、ブロッコリースプラウトのスルフォラファンの量は、成熟したブロッコリーの約20倍ほどにもなります。

最後に

ブロッコリーは緑黄色野菜の王様と言っていいぐらい、様々な栄養がバランスよく詰まった野菜です。まさに「食べるサプリ」でしょう。

今回は、胃を保護する成分のビタミンUと妊娠される方に必要な葉酸。及び、ガン予防において注目されているスルフォラファンについて検証しましたが、ブロッコリーはそれ以外にも色々な健康効果が認められています。

ぜひ、ブロッコリーを美味しく頂きましょう。

スポンサードリンク