祝儀袋

友人・知人や親戚など身近な人の結婚が決まったら、お祝いを贈りたいですよね。

けど、結婚のお祝いを祝儀袋にいくら包めばいいのか、ふと考えてしまうことはありませんか?

少なすぎて、せっかく贈ったにも関わらず、微妙なわだかまりができたら元も子もないですし、かといって、相場より多く贈っても相手に気を使わせてしまうでしょう。

という訳で、そんな結婚祝いの相場を様々なパターンで見ていきましょう。

スポンサードリンク

結婚祝いの相場の基準はどう考えればいいの?

まず、基本的には結婚する人の年齢や立場、そして贈る人の年齢や立場によって変わります。

そして、どれくらいの付き合いの関係なのかにもよりますし、披露宴に出席する場合と欠席する場合でも違ってきます。

それに、披露宴に出席するとしても、どのような会場で開催されるかにもよって違うでしょう。

結婚式(披露宴)に出席する場合の結婚祝いの相場は?

基本的には、

「披露宴の食事代にお祝いの気持ちをプラスする」

という考えでいいと思います。

披露宴に一番多く出席するであろう同い年ぐらいの友人や会社の同僚の結婚の場合だと、

「3万円」が一般的です。

この金額は一般的なホテルでの披露宴を想定していますので、会場によっては2万円でもいいかもしれません。

また、20歳前後ぐらいの若い人同士だと2万円でもいいでしょう。

ただし、友人や会社の同僚などの披露宴は数人で出席することが多いと思うので、その場合は、みんな同じ金額にした方が無難です。

という訳で、この3万円もしくは2万円が披露宴に出席する場合の最低ラインです。

なお、金額は基本的に奇数である3万円・5万円・7万円がいいとされます。

とは言っても、偶数である2万円でも「ペアになる」という考えから特に気にする必要はないでしょうし、10万円は区切りのいい金額なので、これもまた問題ありません。

ただし、「死」につながる4万円や「苦」につながる9万円は避けるべきです。

そして、夫婦で招待された場合は、2倍の金額より少なめでも構いません。

スポンサードリンク

例えば、一般的なホテルで行われる友人の披露宴に夫婦で出席するなら5万円が一般的ですね。

結婚する人は誰? 結婚祝いの相場
友人・知人 2万円~3万円(夫婦で出席:5万円~)
会社の同僚 2万円~3万円(夫婦で出席:5万円~)
会社の上司 2万円~3万円(夫婦で出席:5万円~)
会社の部下や後輩 3万円~5万円(夫婦で出席:7万円~)
兄・姉 3万円~10万円(夫婦で出席:10万円~)
弟・妹 5万円~10万円(夫婦で出席:10万円~)
甥・姪 5万円~10万円(夫婦で出席:10万円~)
いとこ 3万円~5万円(夫婦で出席:7万円~)

結婚式(披露宴)に欠席する場合や無い場合の相場は?

結婚式(披露宴)に招待されていない場合や欠席する場合、もしくは無い場合の相場です。

なお、お祝い金を郵送で送る場合は開催の1週間前までに送るようにして下さい。

結婚する人は誰? 結婚祝いの相場
友人・知人 5千円~1万円
会社の同僚 5千円~1万円
会社の上司 5千円~1万円
会社の部下や後輩 1万円~
兄・姉 1万円~5万円
弟・妹 1万円~3万円
甥・姪 1万円~5万円
いとこ 1万円~3万円

最後に

結婚祝いの相場を様々なパターンで見ていきました。

ただ、これらはあくまで一般的な金額であり、様々な事情や地域によっても変わってくると思います。

また、一昔前は結婚するのは20代から30代がほとんどでしたが、最近は年齢幅が広くなりました。

再婚や再々婚・年の差婚も珍しくないですし、結婚がかなり多様化しています。

というわけで、色々と書きましたが、一番大事なのは「気持ち」です。心を込めてお祝いしてあげて下さい。

スポンサードリンク