土用の丑の日の看板

土用の丑の日といえば、夏の暑い盛りの「うなぎを食べる日」ですよね。

とはいえ、今や絶滅危惧種に指定された天然うなぎは、おいそれと食べることはできません。

しかし、土用の丑の日ともなると、スーパーなどには養殖うなぎの蒲焼がたくさん並びます。

吉野家やすき家も、手頃な価格で鰻重やうな丼を販売していますし、普段うなぎを食べない人でも、この土用の丑の日には暑い夏を乗り切るためにも、うなぎを食べる人が多いでしょう。

では、この土用の丑の日とは、そもそも何の日なのでしょうか?そして、何故うなぎを食べるのでしょうか?